火曜日の夜

昨日は午前2時近くまで起きていた関係で
午前7時過ぎにやっと起きて弁当の準備したが
白菜の漬物を切ったものと納豆1パックを入れた。

朝食はトースト1枚とコーヒー二杯で済ませた。

東芝のタブレットでNHKのニュースを見て
荷物に書類を入れて出社した。

昼休みにネット家計簿に入力作業を行った。

帰宅後はデジカメカメラの動作確認を行ったが

撮りためた写真をHpのENVY110という
無線LAN対応のインクジェットプリンターに
数枚印刷した。
この写真は以前とったものである。

また今日は夕食はもやし炒めを作ったが
豚肉と玉ねぎともやしとニンニクとネギで
と赤唐辛子でサラダ油で炒めて作ったが
われながら上手い出来だった。

画像


またネットで一眼レフのカメラのリサーチを
しているがなかなか価格で手が届かない。

今日のクローズアップ現代とフジテレビの
プライムニュースでもストーカー事件を
テーマにしていたが小早川さんという
NPO法人の代表の人が両方に出ていた。

去年の逗子のストーカー殺人事件と今月の
三鷹でのストーカー殺人事件と1999年に
桶川のストーカー事件から14年も過ぎたが
ストーカー規制法が立法化され運用されて
いるがなかなかなくならないのが懸念点である。

最近レヴィナスの本を読む機会が多いが
他者の顔の現前とか他者の審問とか他者の
超越性とか興味深い言葉が出ているが
この中でも他者の超越性が
重要なキーワードである。

日曜日に借りた千代田区の図書館にあった
「倫理の復権」の196ページにあった。
「人間は人間にとって絶対の他者であり、その意味で
超越者であり、その故に、全体性のうちに吸収
されることをあくまで拒む者として、すなわち同
の把握を永久に溢れ出る者として無限である。」

ストーカー問題というのは突き詰めると
他者の超越性のような気がしている
ブーバーのいう我と汝という相互作用でなく
非対称な同と他の関係で恋愛関係がどこかで
破綻した瞬間他者の顔の現前は同の理解を
無限に溢れ出してしまったのではないだろうか。
他者は結局理解不可能で同を無限に超越して
いるというのは昔からの真理かもしれない。

ストーカーになる人はこの真理がわかっていない
ことに起因していると考えられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック